オンラインショップ

会社概要

会社情報COMPANY

社名 沓掛酒造株式会社
住所 〒386-0043 長野県上田市下塩尻35
連絡先 TEL:0268-22-1903 /
FAX:0268-25-4724
代表者 沓掛由利子
創業 元禄年間 沓掛権右衛門が創業
アクセス しなの鉄道西上田駅より徒歩5分
北陸新幹線上田駅より車で15分
上信越道「上田菅平IC」より20分
国道18号線「下塩尻」信号付近
定休日 土・日・祝
営業時間 8:30~17:00

蔵人紹介BREWER

沓掛 正敏

昭和59年(1984年)生まれ。洗足学園音楽大学・同大学院卒業。
2012年に実家の蔵に戻り、主に経理を担当。
2014年より信州59年醸造会、通称「59醸(ゴクジョウ)」のメンバーとして活動に参加。
音大卒ということから、醸造中の酒に音楽を聴かせる取り組みを行っている。
趣味は音楽演奏・鑑賞。能や雅楽などの古典音楽に興味が深い。教員免許保有。

沓掛 浩之

昭和64年(1989年)1月、昭和最後の7日間に生まれた。東京バイオテクノロジー専門学校醸造発酵コース卒業。
卒業後2010年に実家の蔵に戻り、前杜氏の山崎 充により日本酒造りを学ぶ。2016年の造りより蔵元初の杜氏に就任。 沓掛酒造300年の伝統の重みを感じつつ、さらなる酒質向上を目指す。
趣味はスポーツ全般。中学でバスケットボール、高校でバレーボール、現在も趣味で地元のビーチバレーなどに参加。
また地元消防団活動にも参加。操法大会では県大会に出るなど精力的に活動している。

歴史・沿革HISTORY

  • 1688-1704(元禄年間) 創業

  • 1804年 当時の当主 沓掛権右衛門が江戸城開催の蹴鞠会に出場

  • 1950年 4月4日 沓掛酒造株式会社創立

  • 1969年 現製造蔵「昭和蔵」完成

  • 2006年 「互Go.」、塩田産美山錦使用「郷の舞」発売開始

  • 2009年 直売所「郷の蔵」オープン

  • 2012年 第1回「蔵開放2012」開催。以降毎年開催。

  • 2016年 蔵元沓掛浩之、杜氏就任

  • 2017年 上田市鹿教湯地域で栽培した酒米「ひとごこち」を使用開始

  • 2018年 大吟醸3年熟成原酒「沓掛権右衛門」発売開始